日東防疫 広島|イタチ、コウモリ、ムカデ、ハト、ネズミ対策や害虫駆除

コウモリのフンは外より中が多い。

日東防疫㈱広島営業所の平盛です。

先日、コウモリ被害のある現場の調査に行ってきました。

家の外周にはコウモリフンがあります。

ただ、フンがあるポイントだけが侵入口とは限りません。

生息している天井裏などでは

フンが積もっている場合があります。

軽鉄骨造の家では鉄骨の隙間に生息。

その隙間に沿うように断熱材の上にフンが無数に落ちている状況です。

コウモリの侵入を防ぐには侵入口を塞ぐだけでは止められません。

家そのものがコウモリの棲み家となっているので

侵入口を塞げば別の場所から出入りするようになります。

コウモリは1cm程度の隙間があれば軒先、換気ダクト、エアコン、

シャッターや雨戸の格納部分などあらゆる場所に侵入してきます。

コウモリは冬眠をしますので

これから気温が下がってくれば家の中で春まで過ごすようになります。

近年の住宅は断熱効果が高いのと、中で暖房をつけることで

コウモリが冬眠しない、あるいは冬眠から覚めて

室内に出てくるケースもあります。

活動時間は日没頃から夜明けまでの夜間。

夕方に家の周りにコウモリが飛んでいたら

しばらく見上げてチェックしてみてはいかがでしょう。

Return Top