日東防疫 広島|イタチ、コウモリ、ムカデ、ハト、ネズミ対策や害虫駆除

コウモリのフンによる異臭。

日東防疫㈱広島営業所の平盛です。

コウモリフン害について。

ご依頼されるお客様がコウモリの存在に気づくのは

コウモリが家から出入りしているのを見られるか、

壁や地面にフンが落ちている事が多いです。

コウモリが生息している場合、

その落ちているフンはほんの一部の可能性があります。

侵入している箇所には糞だまりが出来ていることがあり、

室内からこぼれたものが地面に落ちている状況も考えられます。

コウモリが侵入している天井裏では

このようにフンが積もっている事があります。

普段の生活で天井裏を見る事はありませんので

フンの存在に気づくことはありません。

フンが溜まる事で、悪臭、の繁殖、建物の汚れが発生します。

特に、フンが乾燥し空気中を舞うと、

室内で呼吸している時に無意識のうちに吸い込んで

体調不良になってしまう事も。

これから寒くなってくると

コウモリは冬眠を始めます。

ただ、近年の家屋は気密性が高く、

暖房で温まった温度で冬眠から覚め、

照明やエアコンといった隙間から室内に出てくることもあります。

コウモリは自然にいなくなる事はあまりありません。

生息箇所で個体数が増殖していきます。

存在が気になる場合は暖かい季節に対処する必要があります。

Return Top