日東防疫 広島|イタチ、コウモリ、ムカデ、ハト、ネズミ対策や害虫駆除

天井のイタチは違う種かも。

日東防疫(株)広島営業所の平盛です。

家屋に侵入する動物はネコ、ネズミイタチタヌキなど地域や環境によって様々。

その侵入動物にもイタチにも種類があり、

最近テレビ等で耳にする外来種や

見た目は似ているが違う種など。

その中のテンも種類がいますが、

日本で見かけるテンホンドテンを指している事が多く

形態は細長い体が特徴的で、

体長はオスが約45~49センチ、メスが約42センチになります。

体重は約0.5~6キロと幅広く、

尾はオスが約17~32センチ、メスが約20センチ。

また、ホンドテンの特徴として、体毛の色が変化するものもいます。

体毛が薄茶色で色が変わらない個体がスステン

夏は茶色ですが冬になると鮮やかな黄色に変わる個体が

キテンというふうに呼ばれています。

警戒心が強く、普段見かける場面も少ないこともあり

よく観察しないと種類までは判別は難しいです。

家に棲みついた動物を追い出すには

侵入口をすべて塞がないと被害は収まりません。

床下、屋根、軒、壁など。

普通に人間の目線で見ても侵入口を難しいでしょう。

動物の行動パターン、形跡、目線で見ると

意外なところが侵入口になっている事があります。

Return Top