日東防疫 広島|イタチ、コウモリ、ムカデ、ハト、ネズミ対策や害虫駆除

飲食店でのゴキブリの原因。

日東防疫㈱広島営業所の平盛です。

飲食店は家庭と違い大量の食材、調味料、水を使用します。

その分、汚れが多く出ます。

清掃はシンクや調理台の奥まで出来ている所は正直少なく感じます。

害虫の発生原因として指摘を行って改善して頂くこともよくあります。

その中で、特にゴキブリの生息しやすい箇所として

汚れの溜まりやすい調理台の足元、常時暖かくなるラップ機や冷蔵庫のモーター部分があり、

この周囲にエサとなるものが残っていればゴキブリにとって環境が良く、

生息、繁殖してしまいます。

ゴキブリが少数でも駆除は大変です。

飲食店などではむやみに殺虫薬剤は使用できません。

食品に影響がないよう調査を行いながら対処する必要があります。

ゴキブリの発生を抑えるにはまず、

原因となるものを無くす事です。

このような調理台の足元は食材ゴミに油が混ざり

軽くこすったぐらいでは取れない状態になっています。

それが日数が経つとともに量が増え、ゴキブリの誘引に繋がります。

ラップ包装機の下側にも揚げ物の衣が溜まっています。

温暖の生き物であるゴキブリは暖かい場所を好みますので

そこにエサがあれば寄ってきます。

水気やエサが無ければゴキブリは棲みつきません。

ゴキブリがいるから駆除するのもそうですが、

生息させないようにするのも重要です。

Return Top